Pro10の新機能

  • Pro10に追加された主な機能です。

  • プロジェクトマネージャー←クリック
  • 従来の1フロアごとのデータ管理から現場毎のフロア管理機能が追加された「プロジェクトマネージャー」が追加されました。これにより、各フロアの作成起動上階へのコピー、現場単位の型枠数量の合計印刷、建物全体3D表示ができ、ファイル関係の操作性が向上します。
    柱(基礎・一般)、梁(基礎・一般)、壁(基礎・一般)、手摺、ベース、布ベースそれぞれのパネル(ベニヤ)割付機能が強化されました。
    躯体記号入力←クリック
    記号の設定により入力が簡略化されます。また加工図、平米数など各出力に記号が表記され箇所の特定が容易になります。   出隅大面縦桟木表示の有無←クリック
    地中柱、地中梁、地中壁、ベース、布ベースそれぞれの出隅大面桟木の有無を設定できます。
    一般階梁、地中梁、地中壁、布ベース、手摺それぞれの加工図展開パターン(側面図)を追加しました。